■マンション管理会社様へ
■重要なお知らせ
 (DS・EC-CY生産中止)

■高性能シリンダー
■補助錠
■電気錠(システムロック)
■キーレス錠(電子錠)
■窓の防犯対策
■扉まわりの金具類交換
 
■泥棒の手口と対策

■カギの基本知識

  


  
扉周りの金物類(ヒンジ)交換 
 

 カギ専門店では珍しく、電気工事とサッシ工作業が伴う金物関係も得意にしております!
正確な判断と技術で対応させていただきます!

主な作業は、カギ全体を含め、扉まわりの金物類の修理、交換や建付け修理メンテ等を行っております。
  ドアクローザとは
扉の上部に取付け、扉を自動で引き込む金物でほとんどの扉に設置されています。 

油圧方式ですのでオイル漏れあれは、早めの交換が必要です。 
 実際の取付け様子はこちらです。
door closer_pdf_01.pdf へのリンク
  

 こうなると早めの交換が必要です。
◆油漏れで閉まる速度が速くなり、速度調整弁で調整できない。
◆閉まる速度が急に速くなった。 閉じる際、「
バタン!」と大きな音がするようになった。
◆最初に設定した扉開放停止位置で止まらなくなった。
◆スムーズに閉まらなくなったり、異音がするようになった。

ドアクローザを長年使用されていると、ドアクローザ本体内部、部品などの摩耗・劣化により、当初の性能が維持できなくなります。
油漏れを放置しておくと、閉鎖速度がコントロールできなくなり事故につながるおそれがあります。
ドアクローザは様々なタイプがあります。
三方枠枠の形状によってブラケットの種類が異なり、カラーバリエーションや開閉距離の制限付きなどと
付ける環境によっては色んな
オプション(例;バックチェック機能など)がありますので
必ず、お問合わせ下さい。
 
 
 実際の埋め込み工事の様子はこちらです。
floor hinge_pdf_02.pdf へのリンク
  フロアヒンジとは、
エントランス風除扉、オフィス、店舗ドアの吊元(下部)の床に埋め込んである油圧式タイプです。
フロアヒンジを長年使用されていると、フロアヒンジ本体内部、部品などの摩耗・劣化により、当初の性能が維持できなくなります。
定期的に点検を依頼され、必要により交換されることをお勧めします。
 

こんな異常を感じた時は、交換が必要です。

 ◆閉まる速度が速くなり、速度調整弁で調整できない。
 ◆閉鎖停止位置があわなくなった。
 ◆開閉時に異音がするようになった。
 ◆自動的に閉まらなくなり、「ガタ付き」「ブラブラ」するようになった。
 ◆オイルもれ,ステンレスの床プレートの波打状態が、交換のサインです。
 
◆自動施錠錠、電気錠出入口管理システムにとってフロアヒンジ不具合は重大です。
 
平成ロックサービスでは、既存フロアヒンジのハツリ撤去・交換溶接設置・モルタル充填等
完工致します。
(ハツリ、溶接設置施工例:floor hinge_pdf_02.pdf へのリンク
既設フロアヒンジは、様々ですので必ず現場調査が必要となり、その後御見積りと致します。
  フロアヒンジは様々なタイプがあります。
石張りとじゅうたん張り、中心吊りと持ち出し吊りタイプ、薄型と深型タイプ、防滴仕様、ストップあり・無しタイプ、
左右勝手あり、サッシメーカー向けのOEM製品など様々なタイプがありますので必ず、お問合わせ下さい。
 
 
 実際の取付けの様子はこちらです。
auto hinge_pdf_03.pdf へのリンク
  オートヒンジとは、 ヒンジ(蝶番)本体にドアクローザ機能を付加した商品 です。
 オートヒンジの関連商品
◆丁番型・・・・・・木製扉から重量扉まで使用できる扉の種類は幅広く、         
           門扉、アーチ型扉、ガラス扉などドアクローザがつけられない扉にも対応可能です。        
           さらに使用環境が苛酷な室外向け、浴室、海岸地域向けオートヒンジの設定もあります。
◆クリエイト・・・・一般のドアに使用されていますが、扉上部にカプセルがついているのが特長です。
◆中心吊型・・・・・・主に防火ドアに使用されています。重量のある扉に対しても対応が可能です。
コンシールド・・・・上下ピポットヒンジになっており、クローザー機能が扉内部に収まっています
引き戸クローザ・・・・・・小さいな力で軽く開扉、非常に静かな開閉ができ、病院や事務所、学校などで使用。
 こうなると早めの交換が必要です。
◆油漏れで閉まる速度が速くなり、速度調整弁で調整できない。
◆閉まる速度が急に遅くなった。 閉じる際、「
バタン!」と大きな音がするようになった。
◆最初に設定した扉開放停止位置で止まらなくなった。
◆速度を少し緩めると最後まで閉まり切らない時がある。

オートヒンジを長年使用されていると、オートヒンジ本体内部、部品などの摩耗・劣化により、当初の性能が維持できなくなります。
油漏れを放置しておくと、閉鎖速度がコントロールできなくなり事故につながるおそれがあります。
 オートヒンジは様々なタイプがあります。
室外用の防滴仕様、ストップ付
き、色、左右勝手、サッシメーカー向けのOEM品など様々なタイプがありますので
必ず、お問合わせ下さい。
 
・トップページに戻る   ・高性能シリンダー  ・補助錠   ・電気錠(システムロック)  
 ・キーレス(電子錠)   ・窓の防犯対策   ・扉まわりの金具類交換