■マンション管理会社様へ
■重要なお知らせ
 (DS・EC-CY生産中止)


■高性能シリンダー
■補助錠
■電気錠(システムロック)
■キーレス錠(電子錠)
■窓の防犯対策
■扉まわりの金具類交換
 
■泥棒の手口と対策

■カギの基本知識


 
 電気錠(システムロック)
 ビル、会社、病院、集合住宅など多数の人数が出入りする際、高度なセキュリティーが求められ、入室管理が重要になります。
また、平成17年4月には個人情報保護法が施行され取り締まりが強化され、入退室記録の保存も重視しなければなりません。
非接触キー、テンキー、リモコン、ノンタッチカード、指紋照合などの各種リーダに対応する出入管理装置です。ID照合、管理システム、入室管理ソフトなど様々な用途に対応いたします。 ご希望にそってご案内し、設置いたします。
 
  目的別選ぶ 電気錠システムど導入例
 集合住宅、社宅、寮の玄関の場合
・ 暗証番号、カード、指紋認証などで解錠したい。
・ 扉から離れた場所から施錠・解錠を遠隔操作が出来る。
・ 離れた所から扉の開閉状態がわかる。
・ 時間や曜日などで入室、退室を制限する
・ 入室、退室の履歴を取得し管理をしたい。
・ 社員カード(磁気カード)を使って寮の部屋を解錠したい 。
 ◆オフィスビルの場合
部外者が侵入しない様に暗証番号、カード、指紋などで開錠し、入室する様にしたい
・ また社員の入退社の際にもそれらのデータを個別抹消、登録出来る様にしたい。
・ 特別エリアで厳密な個人識別をしたい。
・ サーバールームや個人情報など重要な情報を管理している部屋の入室、退室を制限し、履歴も管理したい。 
 ◆使用する場所によって
・ 火報信号を受け非常階段など、電気錠で一斉解錠したい。
・ 停電時保障機能がある電気錠や防災を防犯より優先にしたい。
・ 特別養護老人ホームなどで異質の採風システムを取り入れたい。
・ 研究所、工場等のクリーンルーム前室など機密性を確保するため2つの扉をインターロックにしたい。
電気錠を設置によって、防犯性能と利便性は向上します。
電気錠は、まず利便性の高い商品と認識し、入退室の管理など、錠強度以外の部分で
セキュリティー度をあげるシステムである
 電気錠システム構成図
 
 電気錠とは その名の通り電気で動く錠前です。
ドアに取り付け通常のカギ等を使う代わりに電気で開け閉めするのが「電気錠」で、ドア枠側の受け付けるのが「電気ストライク」です。 通常の錠前と同じようにレバーやノブ等のハンドルが付いたものや、ハンドルの無いもの等形も色々あります。また、作動の方法も通電時施錠型、通電時解錠型、瞬時通電施解錠型、モーター施解錠型など色々有ります。使用目的に合わせてお選び頂けます。

扉にガラスなどが入っていて扉の框部分が狭いなど、電気錠を設置するのが困難な場合は枠側に「電気ストライク」を取り付けます。 取り付ける場所などにより、防滴タイプ等もございます。また最近では強力な磁力で施錠する「電磁式」と呼ばれるものもあり、防水性能も高いので屋外の門扉などに多く採用されています。
 
  作動の方法も通電時施錠型、通電時解錠型、瞬時通電施解錠型、モーター施解錠型など色々有ります。使用目的などにより錠前を選定する必要があります。
・モーター式・・・通電するたびにモーター駆動で施錠・解錠を繰り返すタイプ
・瞬時通電施解錠型・・・通電するたびにソレノイドの動作で施解錠を繰り返すタイプ
・通電時施錠型・・・通電時には施錠され、停電時は解錠状態になるタイプ
・通電時解錠型・・・通電時には解錠され、停電時は施錠状態になるタイプ
設置場所などにより、防滴タイプ等もある錠前もあります。 錠前とは違い、協力な磁力で施錠する電磁石錠というのもあります。
防水性能も高いので屋外の門扉などに多く採用されています。(例 マグナロック)
 
    
   
 ■キーまたはサムターンで施解錠できます。
■既設の扉に電気錠を後付する際に多く用いられます。
 ■非常開装置付のAL3M-E型、ワンタッチ非常開装置付AL3M-EP型も
あります。
 ■通電によりモーターを動かして施解錠する本締電気錠です。
(バックセット51、64mmのみ)
 ■引き戸向けの鎌錠タイプもあります。
 
 
    
 
 ■別の自動錠タイプの錠前と組み合わせて使用する電気ストライクです 。
 ■設置する扉の奥行が少ない場合や上記のモーター式電気錠の設置が
困難な場合に使われることが多いです。
 ■目的に合わせて使用できる。
例)共用玄関、ビル(AST)や非常口(ASE/ASR)
 
 
 
   
 
  玄関/通用口/非常口用電気錠
 
 ■キー又はサムターンで施解錠できます。
 ■施工、取付け時に、通電時解錠又は施錠の機能を選択・切り替えができる。
 ■アンチパニック機能付き有無の切り替え可能。
 ■扉を閉める時の力(ラッチング)が無くなるので閉まりが悪い扉に最適。
 
   
 
 電磁石を利用した電磁ロックで、室外使用に最適
 
 ■枠に電磁ロック取付け、扉にストライクプレートを取り付け 扉と枠に間を
 強力な電磁石でロックします。
 ■防水仕様のため門扉などの室外使用に最適です。
 ■鍵穴がなく、機械的操作が少ないため部品の摩耗などによる 劣化や
 性能の影響がほとんどありません。
 ■今まで電気錠設置の条件に合わない所でもほとんど取付け可能です。
 
 
        電気錠システムを制御する機械
 
 
小型で室内操作器としても使える埋め込みタイプやたくさんの電気錠をコントロール出来るものや 通常オプションとされている物が最初から付いている物など様々です。
また使用する電気錠のタイプによっても変わってきます。
 
       電気錠システムを操作する機械です。
 
 室内側からは押しボタンスイッチ、センサー式などで退室する場合が多いです。
退室も入室と同じように管理する場合には室外側と同じような操作器を取り付けます。
室外側からは、さまざまな操作部によって入退室の制限が可能になります。
キースイッチ(カギ穴にキーを挿入しを回すもの)や暗証番号式、カードーキー、タグや非接触タイプでカードを
近づけるだけで操作するタイプもあります。
また、指紋や静脈などを認証に使うバイオメトリクス系のものも増えてきています。 また、普及しつつあるFeliCa(フェリカ)に対応したものも増えてきています。
入退室のセキュリティー面にでは出入りに制限を掛け、許可されている
 
ここでは、既築の建物に対する施工方法についてご説明いたします。
電気錠システムに必要な工事は、大まかに以下の通りとなります。
 
 ■電気錠設置工事
ドア周辺の工事で、ドアへの電気錠本体の取付け、ドア内外の配線等です。
また、ドアの開閉が正常でなければ、電気錠の動作不良につながりますので、ドアクローザーやフロアヒンジなどの交換・新設が必要な場合もあります。
 ■配線工事
電気錠本体と制御機器を結ぶ為の工事。
普通は、ドア(電気錠)から居間・事務室(制御機器設置場所)などへの配線となります。既築物件の場合、造りにもよりますが、露出配線(カバーなどで配線を覆い、壁を這わせる方法)となる場合があります。特に、最近の戸建住宅は高気密構造になっており、隠ぺい配線(天井裏や壁内に配線すること)が難しくなっております。当社では、出来る限り隠ぺい配線を心がけておりますが、止むを得ず露出配線とさせていただく場合がございます。
 電源工事
配線工事の一部とも言えます。通常は、AC100Vを制御機器に供給するための配線工事となります。
 試験調整
動作の確認・各種設定などを行います。運用前の、最終調整となります 。
 ■判りにくい点や疑問点など何でもお問い合わせください。

 電気錠は電気錠単独では動きません。
様々な機能を持つ電気錠のメリットを更に引き出す複数組合せて
(オプション)運用することが可能ですので、ご希望に合わせて機器をお選び頂きます。
 
・トップページに戻る  ・高性能シリンダー   ・補助錠  ・電気錠(システムロック) 
 ・キーレス錠(電子錠)  ・窓の防犯対策   ・扉まわりの金具類交換