停電による電気錠の動作について

電気錠は地震による扉周りの変形や断線、召し合わせ不良による作動しない、誤動作などが起きる可能性があります。
停電時には、電気で動作する電気錠は作動しません。
停電した時に電気錠が施錠するか、解錠するか
は、使用する電気錠の種類によります。お客様の状況に合わせて回答をさせて頂くため電気錠と制御盤の品番をご確認した上、お問い合わせて下さい。




電気錠の機種によっての停電時の作動について

電気錠関連設備が完全に停電状態になると、電気錠は機種ごとに機能に応じた作動となります


I 停電時には施錠する機種

1-1 マンション・ビルなどの共用エントランス出入り口の電気錠、自動ドア
  • 高いセキュリティが必要な扉で、停電時には錠のままとなります
  • 共用部インターホンに設置されているキースイッチ、ノンタッチ又は非接触(電波キー)
    リモコンキー等は動作しないため、使用できません
  • 各住戸インターホンや管理室に設けられた、共用エントランス扉用の解錠スイッチも機能しません

1-2 各住戸玄関扉
  • 戸建玄関扉の電気錠は、防犯目的電気錠使用ですので多くは、停電時に直前の状態に保持します

1-3 対処として
  • 鍵で施/解錠を行うか、鍵が付いてない所は他の通用口から出入する


II 停電時には解錠する機種

停電すると施錠することが出来ません

2-1 マンション管理事務所やビルの非常口、避難路などに使用されている多くの電気錠は
  • 防犯より防災優先扉ですので、停電時には錠のままになります
  • 電気錠によって設定を変え、鍵で施・解錠できる機種もある
  • 扉に追加加工せず、防犯優先型電気錠(同寸の電気錠や自動施錠錠)を交換して鍵で施/解錠を行う
  • 補助錠(2個目錠)を取付ける

※防犯上、施錠する場合は消防法などの法令に従って対処して下さい






HOME